パブリックベータ版をインストールする方法Windows7の使い方


Windows7の使い方です。意外な使い方や便利な使い方など。


スポンサードリンク

パブリックベータ版をインストールする方法

Windows7 のパブリックベータ版をダウンロードしてきたら
まずは窓の杜でフリーウェアのCDBurnerXP をダウンロードします。
※Windows2000、XP、2003、Vista対応

これをインストールし、起動させます。

インストール時にオプションにチェックを入れる
※インストール時に、オプションの[Associate ISO(.iso) files with CDBurnerXP]に
 チェックを入れておきます。

CDBurnerXP が起動したら、[ISOイメージの書き込み]を選択して、[OK]をクリックします。

ISO イメージの書き込みウィンドウが表示されたら、[...]と書いてあるボタンを
クリックして、Windows7 パブリックベータ版のisoファイルを選択します。

何も記録していないDVD-R のメディアを1枚DVD-R/RW ドライブ(または
DVD ライティングをサポートしているドライブ)に挿入して
[ディスクの書き込み]をクリックします。

書き込み終了後、ディスクの名前が[GB1CULFRE_JA_DVD]となってれば
Windows7 パブリックベータ版インストールDVD ディスクの作成完了です。


あとは、インストールしたいパソコンのDVD ドライブなどに挿入して
パソコンを再起動し、Windows7 beta ディスクからブートさせて
Windows7 パブリックベータのインストールを行って下さい。



※パソコンによっては、ブートの優先順位がHDDになっている場合があります。
 その場合は、BIOSメニューより、CD/DVD からブートできるように
 優先順位を変更させてください。
※Windows7 パブリックベータをインストール後、トラブルが発生したときのために
 必ず、インストールするパソコンはWindows7 用に用意してください。
 既存のパソコンにインストールする場合、リカバリーディスクなどを用意しておき
 万一の場合にも復帰できるようにしておいてください。
 当然ながら、バックアップも必ずおとりください。



スポンサードリンク