よく使うファイルを一覧で表示する「ジャンプリスト」の使い方Windows7の使い方


Windows7の使い方です。意外な使い方や便利な使い方など。


スポンサードリンク

よく使うファイルを一覧で表示する「ジャンプリスト」の使い方

使って数ヶ月もしてくると、だんだんと頻繁に使うファイルと
そうではないファイルが出てくることに気づきます。
ソフトによっては「ジャンプリスト」というものに対応していて
ジャンプリストを活用することにより
頻繁に使うファイルをすぐに開くことができるようになります。


■ジャンプリストの使い方■
1.メモ帳など、よく使うプログラムを起動するか
 タスクトレーにピン止めします。

2.タスクトレーに表示されているプログラムのアイコンを右クリックすると
 (ジャンプリストに対応しているソフトは)ジャンプリストが表示されます。

jumplist.gif

3.しばらく使っていた人ならば、「最近使ったもの」のところに
 見慣れたファイルがいくつも表示されていると思います。
 ためしにそれをクリックすると、そのファイルが開きます。

4.さらに、ジャンプリストでその「最近使ったもの」にマウスカーソルを
 あてると、右側に画鋲マークのアイコンが表示されます。
 これをクリックすると「いつも表示」のところに移動します。
 ※ジャンプリスト上部

5.「最近使ったもの」は常時変化しますが、「いつも表示」のところは
 自らピン止めと解除しない限りは常に表示してくれますので
 頻繁にアクセスするファイルが決まってる場合は
 「いつも表示」に設定すると良いでしょう。



スポンサードリンク