付箋の使い方Windows7の使い方


Windows7の使い方です。意外な使い方や便利な使い方など。


スポンサードリンク

標準アクセサリの付箋を使う方法

husen001.jpg
Windows7 の標準プログラム、付箋の使い方


付箋で商標登録されているもので有名な商品ですと
「ポストイット」などがありますが
その付箋と同じ意味の、超簡易メモプログラムです。


◆起動方法
1.[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[付箋]と
 順番にクリックします。


◆使い方
付箋を起動するとカーソルが点滅表示されていますので
保存しておくまでもないようなメモや、これをやったら付箋をはがそうといった
ごくごく短い言葉や文章をキーボードで入力します。
(カーソルが表示されてない場合は、付箋をクリックすれば
カーソルが表示され、入力モードになります)

不要になった付箋は消すことができます。
付箋をクリックし、右上に×印が表示されますので
それをクリックすると
不要の付箋を削除する
削除の確認ウィンドウが表示されますので、OK をクリックします。

もう一枚付箋を表示させたい場合には、すでに作成された
付箋を一度クリックし、左上の+印をクリックします。
何も書かれていない新規の付箋が現れるので
メモなどを入力します。

付箋の大きさを変えることもできます。
付箋の右下をクリックしてドラッグすれば通常のウィンドウ操作と同様に
大きさを変えられます。

付箋の色を変えることもできます。
付箋の色を変える
付箋のメモを書くところ(本文の部分)を右クリックすると
表示色が6種類候補として出ているので、その中から
好きな色を選びます。


WindowsVista までですと、付箋ソフトを別途インストールしなければ
なりませんでしたが、Windows7 には
付箋ソフトが標準で付いています。(Vista はガジェットで提供)
”常に前面に表示”などのオプションがないのが残念ですが
ちょっとしたメモに便利ですので、知らなかった人は
使ってみてください。



スポンサードリンク